« FXを究めよう | メイン | 住宅ローンの二重ローンとは »

FX取引の現状とは

<FX ~FX取引の現状とは~>

「FX」とは「外国為替証拠金取引」のことで、外貨の変動に投資する「金融派生商品」のひとつです。FXの大きな特徴は、レバレッジという「てこの原理」を応用して、少ない保証金で高い倍率の取引ができ、大きな利益が得られる可能性があることです。

日本の金融機関の預貯金利息が低金利の現状では、FXなどの外国為替に投資家の関心が高まってきています。

 為替相場には、大手金融機関の破綻など金融情勢が大きく影響してきます。現在は、まさに大混乱期でもあり、為替相場の変動もめまぐるしい現状にあります。

 FXは、「外貨預金」と同じような発想もあり、資金を長期間預けることにより、日本の金融機関では得られない高い利益、いわゆる「スワップ金利」を期待する人も少なくありません。しかし、最近の為替相場の変動により、資金の長期保有リスクも回避できない状態になりました。

 その反面、こういった不安定な金融情勢を利用して、資金運用のためのチャンスだと捉える人もでてきました。その結果、短期間に結果が出せる取引「デイトレード」に人気が集まってきています。

 これら、どちらの方法にも一長一短があります。FX取引をするためには、こういった現状を把握する必要があります。

About

2008年12月16日 10:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FXを究めよう」です。

次の投稿は「住宅ローンの二重ローンとは」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37